蓄電池で風化を防ぐ

蓄電池で風化を防ぐ

みなさん、蓄電池という言葉は聞いたことがあるでしょうか。
東日本大震災をはじめとした大規模自然災害の後などによく話題になりましたね。
環境保護の簡単でも度々話題に上がりました。
しかし、最近はまた世の中も様々な動きを見せているため、ついついこれらのことを忘れがちになってしまっていませんか。
風化を防ぐ意味も含めて、今日はこの蓄電池についてお話ししていこうと思います。
この蓄電池、一体何なのかというと、読んで字のごとく、電気を蓄えることによって必要な時に必要な分だけその電気を使えるようにするものです。
昔はもっぱら産業用として使用されていたのですが、防災や省エネ推進の動きから、家庭用のモノが注目を集めたほか、多く流通するようになりました。
相性が良いのが、太陽光発電。
組み合わせて使うことによってメリットが増えるので、エネルギーを作ってためて、効率よく使うという主旨の家、スマートハウスの柱となるシステムとして、今後もどんどんと普及が進んでいくと考えられています。

定置型とポータブル型の蓄電池の違い

そんな蓄電池には種類があることを皆さんはご存じでしたか?実は様々な種類があるんです。
ます最初に取り上げたいのが、可動式と定置型という二つの種類のもの。
この違いはなんと、放電の力によって生まれるんです。
定置型は、感じの通り定めた位置に置いて使うモノです。
家庭の電力に放電することが出来る、容量が大きいモノが中心となっています。
近年の主流となっているのはこちらのモノですね。
家庭内において電気を作る、ためる、使う、の仕組みの一部を担うことが出来ることです。
これを導入することによって家庭内のエネルギーをコントロールすることが出来ます。
定置型蓄電池から放電することによって、家庭内全体の家電製品を動かすことが出来ます。
もう一つの可動式のモノはポータブルと呼ばれることが多いのですが、コンセントで充放電することが出来る、持ち運び可能な容量の小さいタイプになります。
アウトドアやレジャーに持ってこいな上に、防災時の持ち運びに便利なので、防災グッズとして持っておくのも良いかもしれません。

まだまだある、蓄電池の種類

種類はこの二つ以外にも、まだまだありますよ。
リチウムイオン蓄電池。
これは電極の間をリチウムイオンが移動して、充電や放電をする、という二次電池と呼ばれるモノです。
なんだか理科の授業を思い出しますね。
他の電池と比べてみると、狂いのに大きな電力を持っている、という良い点があります。
家庭用のモノとして最も普及しているのがこのリチウムイオンの電池です。
パソコンや携帯電話、スマートフォンのバッテリーなんかにも使用されているのがこれになります。
親しみやすいですね。
他にも、鉛蓄電池というモノがあります。
これは電極に鉛を使って電解液として希硫酸を使用する二次電池です。
重くて大きく、高い電圧を使用することが出来、自転車のバッテリーであったり、産業用機器のバックアップ電源として使用されることが多いです。
蓄電池をうまく扱うためのコツ
最後に、ニッケル・水素電池。
この蓄電池は電極にニッケルと水素吸蔵合金を使用しています。
繰り返し使える乾電池であったり、デジカメなどのバッテリーとして、一般家庭にも流通しています。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.