コミュニケーション手段としての学園ものもゲーム

コミュニケーション手段としての学園ものもゲーム

コミュニケーションの方法というのも変化があるかと思います。
ゲームは、一人で楽しむものもあれば、複数人で楽しむものもあります。
学園ものをコミュニケーションの手段として利用している人もいるかもしれませんよね。
人が実際に合わないとコミュニケーションが取れないという時代ではないわけでしょう。
それは、電話や手紙などの手段もあると思うのですが、それに加えて、インターネットだとかが登場してきたのだと思うのです。
ということは、学園に通わなくても、ゲームを通して疑似体験もできれば、複数人で楽しむ場合にはコミュニケーションへと発展していくのでしょう。
おそらく年齢が上の方達には、理解をするのが難しい世界なのかもしれませんが、新しいものの発信だとか順応だとかは、いつの時代も若い世代の方が早いのかもしれませんよね。
そのようにして、世代によって感じ方だとか、方法論だとかが違うということは良いのだと思うんです。
全てが一緒の方が不自然だと感じるのです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.