取引先などがない時に創業融資を公庫から受ける

取引先などがない時に創業融資を公庫から受ける

新しく事業を開始した企業に対しても、公庫が創業融資を提供しています。
取引先が全くない状態でスタートすることもありますが、信頼と実績を作らなければならない状況で資金作りは非常に重要です。
信用を得るにも時間がかかるので、資金繰りを実績ができるまでは考えなければなりません。
そこで資本金や代表の経歴などを見ながら融資を受けていくことができます。
銀行などの金融機関は、貸し倒れがないように管理を行っていきますが、信用がなければ貸し倒れの可能性が高いと認識して融資を受けることができません。
申込んだ際に審査を行いますが、金融機関が認めなければ融資を受けられない中、融資を受けやすいこともあり創業融資は人気を集めています。
しかしデメリットも把握しなければなりません。
基本的に融資を受ける時には金利が他の金融機関より高くなっています。
自治体だと制度融資を提供していますが、優遇措置を用意しているケースもあります。
公庫から提供している創業融資を利用したい時は、金利もしっかりと理解しておきましょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.