学生の将来のために聖徳大学は尽力しています

学生の将来のために聖徳大学は尽力しています

幼稚園から高校、大学まで一貫した教育体制を整えている聖徳大学では、高校と大学が連携して将来のサポートを展開しています。
その制度の最たるモノが高大連携授業。
高校在学中に大学の授業を受講することで、将来の進路選択や高校における学習方針になることを期待した制度であり、開講科目1科目ごとに授業料無料で受講できるのが特徴。
大学の学生と同じように授業を受け、レポートや試験をクリアすれば、単位として取得できます。
もちろん、大学における授業なので、聖徳大学に進学すれば、大学で取得した単位としても認められます。
科目ごとの内容は年度によって異なりますが、芸術や文学、歴史など幅広いジャンルにわたります。
また、千葉県内の大学・短大および放送大学と単位互換を導入。
学生が興味を持っている授業科目が聖徳大学で開設されていなくても、他の大学で授業で履修し、単位として認定することもできます。
在籍する学生のためにできる限りの最善を尽くせるのが聖徳大学の大きな取り組みです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.