関西の施工管理会社に就職

関西の施工管理会社に就職

皆さんは「施工管理」という言葉を聞いた事がありますか?私は初めて聞いたのですが、この度あることがきっかけで関西にある施工管理の会社について調べることになりました。
そのあることというのは、私の友人の息子さんが将来は施工管理の仕事に就きたいと言っていると聞いたからです。
彼は大学の建築学科で建築を学んでいます。
彼の父親、つまり私の友人は3年前不慮の事故で亡くなってしまいました。
それ以降、母親が仕事を3つも4つも掛け持ちして苦労して大学に進学させてやったのです。
私も友人とそっくりなその息子さんを実の息子のように思って何かと気をかけてきました。
彼の母親は仕事で毎日忙しく、就職の心配をしている暇はなさそうです。
それに建築のことは全く分からないから、就職先は全て息子に任せていると言っていました。
そこで、おせっかいなことだとは思ったのですが、私も関西の施工管理会社について調べ、彼に情報提供できたらと思ったのです。

関西の施工管理会社の求人は多数

調べてみたところ、施工管理とは建物が完成するまでの工程や安全、品質などを管理する仕事だそうです。
関西にも施工管理会社はたくさんあるようでした。
そして、実際の現場に立って、大工さんや電気屋さんなどの仕事を総括する責任者を施工管理技士というそうです。
当然、作業が工程表通りに進んでいるか、安全管理や品質管理に問題はないかを終始チェックしなくてはなりません。
完成が遅れてしまえばその分コストもかかりますし、施主からのクレームに繋がります。
時には休日や深夜にも働く必要が出ることもあるそうです。
もちろん、現場の総指揮をするわけですから、判断力や冷静さも不可欠。
時には、大工さん達にきつい事も言わなくてはなりません。

体力的にも精神的にもきつそうですが、無事に建物が完成した時の喜びはまた格別なのでしょう。
あるホームページには実際に関西で施工管理をしている方の体験談も載っていましたが、完成した建物を見ると、今までの苦労も吹き飛んでしまうそうです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.