これからも関西の施工管理会社で頑張りたい

これからも関西の施工管理会社で頑張りたい

これまでも関西では欠陥住宅が問題になったり、震災が起きたり、建物の安全性がより重視されるようになりました。
もちろん、大災害はこれからもいつ起きるか分かりません。
そのためには、今後さらに施工管理が欠かせないものとなってくるはずです。
私の親戚も、以前一戸建てを購入。
しかし、入居してからドアが何もしていないのに開いてしまう、窓がしめにくい、床に置いたものがころがるなどの不具合を、度々感じていたそうです。
そして、後から欠陥住宅だったことが判明しました。
結局施工会社の負担で建て替えとなりましたが、その間アパート暮らしをしなければならず、不便を強いられたそうです。
私たちシロウトは建築については全く分かりませんから、やはりプロにお任せするしかありません。
どんな小さな建物であれ、そこには人の暮らしがあります。
関西だけでなく、日本全国の施工管理会社さんに、これからも安心で安全な建物を作って行ってもらいたいと切に願う今日この頃です。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.