今の日本ロール製造

今の日本ロール製造

「技術を売る企業」を原点に創立されたようですが今の日本ロール製造はどんな感じなのでしょうか。
主として機械ロール事業部とパイプ事業部に二通りの事業を展開し、相乗効果をもたらしているようです。
アメリカ、中国、東南アジア、中近東、等の世界各地の工業に力を貸しているようです。
それだけ日本ロール製造は技術が進んでいる会社という事ではないでしょうか。
それには企業努力が絶対不可欠ですよね。
その一つに新素材の研究開発や試験をする方々に試験研究設備を使える環境にしているそうです。
それはすごい事ですよね。
普通は研究開発なども含め守りに入り、自分の会社が伸びれば良いと考えがちですが、自社だけではなく、同じ業種間でもっと高めていこうとする意志が感じられます。
これが、長い年月積み重ねた歴史と誇りの差なのでしょうか。
今の時代で自分さえよければ良いと考える人や会社は多く、寂しい時代とも言えますがこの日本ロール製造は違いますね。
今まで続いてきたものを受け継ぎ次の世代へと手渡してもらえたら素敵ですね。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.