賃貸事務所を東京で借りたい!契約までの流れを知る

賃貸事務所を東京で借りたい!契約までの流れを知る

よほどの規模の企業でない限り自社ビルを持つのは不可能。
東京都で新規に賃貸事務所を借りるにはコツがあります。
今回は契約までの流れを辿りながらスムーズな賃貸事務所契約の方法を紹介したいと思います。
何をおいても一番は、良い物件を探すためにはオフィス仲介業者に数多くの物件を当たりヒアリングを重ねることです。
東京の賃貸事務所で成功している企業の事例を参考に、自社の条件に近い物件を探すのが失敗が少ない方法です。
ある程度物件が絞られたら次は現場確認を怠らないことです。
仲介業者のプレゼンテーションや書面だけで決定するのは危険。
実際に現場に何度も足を運んでみて気づく点があったり、周囲の環境や交通手段、通勤の支障がないか、また近隣とのトラブルがないかどうかも自分の足で調査する必要があります。
自社のオフィスプランニングのニーズにマッチングした物件が見つかったらあとは契約を残すのみですが、ここは最後のツメにしっかり条件を交渉しましょう。
東京では賃貸事務所の市場は日々変化が激しいもの。
常に最新の賃貸相場を把握して条件交渉に臨みたいところです。

見極めたい!東京の用途別賃貸事務所のバリエーション

賃貸事務所には用途に応じて様々なタイプがあります。
東京では条件のバリエーションも豊かで思わず悩んでしまうほど。
では早速人気のタイプからお話しましょう。
ここ数年の賃貸事務所事情としては環境配慮型の物件が必須になっています。
ついで天井高が3メートル以上ある広々とした空間のオフィス。
そうした物件はほとんどがデザイナーズマンションで、ショッピングセンターが併設され土日のエントランスが解放されているタイプです。
確かに東京で働くならオシャレで便利な場所がいいに決まってますよね。
アフターファイブも楽しめるビルなら社員の働くモチベーションを刺激するには最適です。
最後にここはしっかりポイントとして抑えておきたいのが、新耐震基準の物件であるかどうか。

1981年6月1日以降に建てられた物件は新耐震基準が適用されています。
東日本大震災以来、東京都の防災対策が見直され企業の意識も高まってきました。
社員の安全を守るためにも賃貸事務所選びの条件で外せない点ですね。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.