キャリムエンジニアリングの設備

キャリムエンジニアリングの設備

しかしながら、ホームページを見れば見るほど、そそられる機材の数々です。
10トンクラスのボックスタイプのトラックだけではなく、トレーラー。
200トン、350トン、550トンの大型クレーン。
スカイステージと呼ばれる高架作業用車両に、デッキリフト。
弧を描く太い一本の腕を持った45トンスプレッターに、巨大なコンテナを垂直に持ち上げるフォークリフトのような形状のスプレッター。
キャリムエンジニアリングはこれらの重機をすべて保有しているようなのです。
ちょっと動いているところを見てみたい気持ちになります。
さらには全長178メートルの大型船舶。
その船内には多階層専用エレベーターシステムなるものまで搭載されているらしく、トラックやトレーラーを載せたまま上下に動くようなのです。
これが動くところも見てみたいものです。
しかしながら、これらの設備・重機はどうやらキャリムエンジニアリングの九州支店に集中している模様です。
気になっていたホームページの船体写真も、どうやら門司あたりのもののようです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.