パンフレットのデザイン及び作成をしている会社

パンフレットのデザイン及び作成をしている会社

パンフレットのデザインをして、作成までも手がけている会社について調べてみました。
企業側がパンフレットを作る目的としては、他社に自社を紹介するため、または見込み客に対して使用するため、または海外展開をする際の案内などの営業活動に使用するといった感じになります。
また、展示会などで集客をするために使用することもあるようです。
それから、新製品の紹介用に使用して、さらなる集客を狙うことを目的として作成してもらっている会社もあったりします。
他には、新卒の社員を採用するために、高校や大学、専門学校などに配布するための物として作成しているところもあるようです。
パンフレット以外にも、カタログやホームページ、さらには会社のロゴマークをデザインして作成している会社もあったり、まずはキャッチコピーから考えて、画像の配置などだけでは無く、文章の重要性をうながしている会社があったりと、各社さまざまなものをデザインしている感じの業界だということを調べてみて感じました。

売上を伸ばすためのデザインによるパンフレットの作成とは

売上を伸ばすために、どんなパンフレットを作成するべきなのかは、やはりデザイン制作会社でしかわからないノウハウがあるようです。
パンフレットを作ったとしても、最後まで興味を持って見てもらえなければ、なんの意味も持たず、それには長年の実績から導き出されたデザインが必要になってきます。
そんなパンフレットの種類には、一般的な本の形になっている中とじタイプがあり、ページ数も紹介したい内容によって4の倍数で増やすことが可能となっています。
次にファイルのようなポケットフォルダ型は、改定箇所だけを差し替えることが出来て、新商品の種類が多く変更を頻繁におこなう会社では人気があるようです。

3ページ以上の見開きになっている観音開きタイプは、2ページの見開きだけでは表せないような、横幅の長い演出が可能になるので、ダイナミックなデザインが必要な時に効果的な作りになっています。
ハンディタイプとしてコンパクトなリーフレットタイプは、メニューなどの商品の紹介に適しています。
縦長にして、お客様が目を通しやすいように作成されたパンフレットで、飲食店やホテルなどのサービス業から人気があるようです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.