ちりめん山椒のつくりかた

ちりめん山椒のつくりかた

京都で生まれ、京都で広まったちりめん山椒ですが、今は様々な製造会社でオリジナルの製品が生産されており、全国各地で手に入るようになりました。
ちりめん山椒ファンの中には、自宅で大量に作って保存する、といった人も。
自分の一番好みの味付けにもできるし、惜しげなく好きな量を使えるし、いいこと尽くしです。
今回は、ちりめん山椒の作り方を紹介します。
作り方はとっても簡単!まず、基本となる原材料。
ちりめんじゃこと山椒の実はもちろん、酒、みりん、しょうゆが必要です。
はじめに酒、みりん、しょうゆを鍋に合わせて火にかけます。
アルコールが飛んだころ、ちりめんじゃこを加えて焦げないように気を付けながら1〜2煮込みましょう。
煮込んだら、つぎは山椒の実を追加します!今度はじっくり、水気が無くなるまでしっかりと煮込みます。
ここも、好みのかたさで止めましょう。
なべ底にほどんど水分が無くなったら完成です。
基本的な作り方を学んだら、応用としてオリジナルティ溢れるちりめん山椒をつくりましょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.