大阪での区分マンション購入を検討

大阪での区分マンション購入を検討

マイナス金利のニュースが連日世間をにぎわせている。
普通預金の金利が0.001%。
100万円を一年間預けたとしても10円の利息にしかならないというではないか。
マイナス金利のニュースと一緒に最近、金庫の売上が上がっているらしい、という話を聞く。
皆、銀行に預金するよりも、自宅で金庫に貯金をしておく方が安心と考えているようだ。
銀行が信用できるかできないかは、個人的な主観なのでとやかく言うつもりはないが、確かに100万を一年預けても10円にしかならないなら、預ける意味もないかもしれない。
マイナス金利という言葉から、金利がマイナスになるわけだから、逆にこちらが銀行に預金していると金利を支払わなくてはならないか、というと契約的にはそういうわけではなく、だからほとんど利息がつかないゼロ金利と思ってもいいのだろう。
そんな時代だからこそ、私は区分マンションに投資をしようと考えている。
場所は、地元大阪の区分マンションで。
大阪で不動産投資をはじめようと考えている。

大阪で区分マンション購入を考えるようになったきっかけ

私が大阪の区分マンションに、不動産投資をしとうと考えるようになったきっかけは前述したマイナス金利である。
マイナス金利は、我々が銀行に預けている預金の金利がマイナスになる、つまり今までとは逆で、銀行に預金していると客が金利を銀行に払わなくてはならない、というわけではない。
ただ、これも現段階でであって、将来的にどうなるかは不透明らしい。
そうなったら、誰も銀行に預金なんてしなくなるだろう。
そもそも、今回のマイナス金利の政策は、ざっくり言うと、世の中のお金の流れをもっと良くしよう、というもの。
我々が銀行に預金しているように、各銀行も日銀に預金をしている。

今回のマイナス金利で、銀行が新たに日銀に預金をすると、逆に金利を取られてしまうようになったのだ。
よって、各銀行は、日銀に預金をするよりも、企業などに貸し出しをするほうが儲かる、お金がまわりだすと経済が潤う、ということを狙った政策なのである。
そして、私は大阪の区分マンションに不動産投資を考えている。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.