人に感謝をする事で得られる大涅槃という念仏宗の教え

人に感謝をする事で得られる大涅槃という念仏宗の教え

冒頭でも少しだけ申し上げた「四締を悟り、人に感謝をする事で得られる誠の幸福。
」についてですが、この幸福の事を大涅槃といいます。
この大涅槃は人間の最高の姿だと言われていますし、釈迦もこの大涅槃になる事が出来たのです。
ちなみに四締とは一体何の事を指すのでしょうか。
簡単に言うと両親への恩を始めに、生物全てに対する恩、社会への恩、三宝(仏・法・僧)への恩と合わせて4つの恩の事を四締といいます。
日ごろからこれらに感謝をしながら生きていく事で、大涅槃へ近づけるという事なのです。
具体的な事や行動ではなく常に感謝を忘れないという事も、日本人として当たり前に溶け込んでいる文化では無いでしょうか。
念仏宗で学ぶ色々な思想
今回、私は念仏宗について調べる事になったのですが思った以上に日本人の文化そのものだなと感じる事が出来ました。
相変わらず私は無宗教である事に変わりませんが、これからは念仏宗の説いている様に感謝の気持ちを持って生きていこうかなと思いました。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.