もしもの時には刑事事件に強い弁護士を頼ろう

もしもの時には刑事事件に強い弁護士を頼ろう

刑事事件、というとドラマの中の出来事で自分には関係ない、と思っている人が多いかと思います。
しかし、痴漢や傷害事件、器物破損などは刑事事件となります。
酔っぱらってケンカして相手にケガを負わせた、満員電車で痴漢に間違えられて捕まった、などということは誰の身にも起こりうる話です。
そのような時、助けになってくれるのは弁護士です。
特に刑事事件を専門に扱っている弁護士が頼りになります。
警察や被害者とのやり取りを代わりに行ってくれますし、法律の知識があって、様々なケースを経験しているので、自分ではどうしていいかわからないことでも適切に対応してもらえます。
罪を犯して逮捕され、起訴されれば99.9%が有罪になるというデータがあります。
有罪になると前科がついてしまうので、できれば不起訴にしてもらえたら、とは誰もが思うことだと思います。
不起訴率は56.5%というデータもあり、逮捕されても半分くらいは不起訴になっていることがわかります。
自分だけではどうにもならない状況でも刑事事件に強い弁護士がついてくれればまた違った結果になると思われます。
もしもの時には法律事務所に相談をしてみましょう。

逮捕されたら刑事事件に強い弁護士を頼もう

家族が刑事事件を犯してしまったらあなたはどうしますか。
罪を認め償うことは前提としても、家族としてできるだけ本人の力になってあげたいと思うのが人情ですよね。
それには早めに弁護士をつけてあげるのが大切です。
特に刑事事件に強い弁護士を選んで依頼することが大切だと考えられます。
なぜなら逮捕直後の取り調べが、その後の結果を左右するほど重要だからです。
逮捕されて気が動転している本人や家族に、今後の見通しや対処方法を教え、落ち着かせてくれます。
釈放や保釈の手続きも行ってくれるので、身柄を拘束される時間を短くできることがあります。
また、被害者との交渉、特に示談交渉は、代理人である弁護士を通じて行った方がうまくいくことが多いでしょう。
気になるのは弁護士費用ですが、これは自由化に伴い法律事務所によって異なります。
焦っている依頼者の心理に付け込んで、高額にしても依頼してくるとあえて高い料金設定にしている事務所もあるそうなので、そこは注意が必要です。
刑事事件を得意とする弁護士
もちろん費用が高いから優秀とは限りません。
きちんと確認してから選ぶようにしましょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.