ハワイで海外挙式をした親戚に学ぶ、慎ましい結婚式

ハワイで海外挙式をした親戚に学ぶ、慎ましい結婚式

結婚式についての夢は色々あると思われます。

友人知人から会社の同僚まで巻き込んで大きな結婚式をしたいと考える人もいるでしょうし、逆に知人を巻き込むのは披露宴だけで結婚式は家族だけで小さく挙げたい人もいるでしょう。

もし家族だけで結婚式を挙げたいと考えた場合は、海外挙式を選択するのは非常に有用であると言えます。

数年前私の親戚はハワイで海外挙式をしたのですが、私は参加することができませんでした。

そもそも呼ばれていなかったというのもありますが、海外で挙式ともなるとそもそも呼ばれても行くことができない場合がほとんどであると言えます。

またハワイともなれば交通費や移動の時間だけでなく滞在費等も含めるとかなりかかってしまうため、仮に呼ばれていたたとしても行く事を断念せざるを得なかったでしょう。

以上の要因により、双方の家族だけで慎ましく結婚式を挙げたいと考えた時は海外挙式というのも有効な選択肢になると考えます。

ハワイでの海外挙式で海外の魅力に目覚めた私

私の旦那は外人のハーフで、幼い頃から海外旅行経験が豊富だったため新婚旅行は絶対に海外に行きたいと常々言っていました。

一方の私はガチガチの日本人、おまけに田舎育ち。

海外旅行といえば沖縄か北海道かという感覚だったので、海外に行く事に対して非常に抵抗がありました。

高校生の時には分からぬ英語のテキストを投げながら私は日本から一歩も外に出ないと心に誓ったものです。

そんな私でしたが、旦那の強い勧めもあり結婚はハワイでの海外挙式をする事になりました。

結婚式が決まってから慌てて英語の勉強をはじめる私に旦那は、ハワイは日本語が通じる店が多いくらい日本に近い所だから私でも全然大丈夫だと言ってくれたのはよく覚えています。

そして当日は、ハワイの爽やかな潮風に吹かれながら白人さんの牧師が片言の日本語で誓いの言葉を言ってくださる等思いのほか言葉に苦労せず、そうなれば非常に楽しい海外挙式だったなあという思い出が残っています。

あれから数年、旦那はすっかり日本に定住し遠出する事はなくなりました。

ですがハワイでの経験が忘れられない私は、こっそりまた海外旅行に行きたいなと思うようになっています。

それぐらい楽しい結婚式でした。

海外挙式の準備で大忙し、ハワイまでカウントダウン!

結婚式は神前式にしようか、それとも教会にしようか。

そういう風に二択で尋ねると、私のちょっと意地悪な旦那様は第三の選択肢を提示したがります。

そして旦那が提示したのは、海外挙式という案でした。

結婚式とハネムーンを同時にできるし、青い海に白い砂浜が広がる世界で白いドレスを着た私を見てみたいとは旦那様のお言葉。

その後、話は面白いようにとんとん拍子に進み、あっという間にハワイで海外挙式をする方向性で両家合意をしてしまいました。

一番の決め手は、結婚式ぐらい一生記憶に残るくらいは奮発しようじゃあないかという私のお父さんの言葉。

その後は、パスポートから旅行代理店やハワイの結婚式場の予約やらでてんてこ舞い。

毎週出てくる課題を、土日を使って少しずつ解決していく慌ただしい毎日が続いています。

それでも、まるで高校の文化祭の準備のようで非常に楽しく準備をしています。

海外挙式をハワイでしたい

今週末はついにドレスの試着になります。

少しずつ見えてきたハワイでの海外挙式の本番に向けて、花嫁もラストスパート、頑張ります!

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.