文書保管のセキュリティ

文書保管のセキュリティ

機密情報書類を文書保管の会社に預ける場合、セキュリティ面がやはり心配です。

どんなセキュリティ対策が実際に行われているのか調べてみると、まずは、輸送面において、機密書類は、輸送する際に、大型の容器に入れられ輸送されます。

その容器自体に鍵をかけることで、到着するまで中身には触れられなくなります。

輸送車には、GPSがついていて位置が確認できる他、後部の扉が施錠されていないと警報がなるなど、現金輸送車と同様の車両を使用しているところもあります。

作業面では、二重扉を設けて、入退室の管理を徹底したり、実際に監視員がいて身体検査をしないと入室できないとするところもあります。

保管する場所においては、防犯カメラの監視や2名以上で作業を常時行うなど、徹底したセキュリティ対策があります。

一度、文書保管の会社に、機密書類を預けたら、簡単には触ることができないレベルまで、管理の徹底とセキュリティ対策がされていることを知ると、安心して保管を任せることができるので、気になる会社がある場合は、確認してみることをおすすめします。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.